Slow Life36

tokoma36.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 12月 16日

一人旅の猿

最近ニュースなどで話題になっている旅するニホンザルが江戸川を越えて千葉県の市川市で目撃さてれいるようです。
ニホンザルのオスは生後5~6年で生まれた群れを離れて別の群れに合流します、この合流先を探しながら移動する
行動のニホンザルを通称ハナレ猿と言います。
日本を旅するニホンザルもそういったハナレ猿です、元は神奈川県の丹沢付近に生息していたらしく、三浦半島に南
下してから北上し、東京を経由して今は千葉県で目撃されているようです
これからどこへ向かうのか猿に聞いてみないとわかりませんが、幸いにも人間に直接的な攻撃はしないようなのでこ
のまま猿にまかせて旅を続けて千葉県の房総半島のニホンザルの群れに同流できるといいのですが、無理に捕獲する
と、とても危険な目にあいます、もし猿を目撃しても決して目を合わせないようにしてください、ニホンザルは草食
動物なので猿に危害を与えない限り直接人間を襲うことはありません。
b0222234_10181973.jpg

※この猿は話題の猿ではありません。撮影地:青森県下北半島

by tokoma-36 | 2017-12-16 10:44 | Japanese monkey | Comments(0)


<< 癒しのカフェ      Xシリーズファンミーティング >>