Slow Life36

tokoma36.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 01日

金色の猿

5年ぶりに2日間ほどGWが取得できたで兵庫県へ!
一度は行ってみたかった姫路城の滞在時間わずか1時間の過密スケジュール
b0222234_10374688.jpg




日本でただ1頭の金色のニホンザル撮影取材のため兵庫県へ

場所は船越山るり寺モンキーパークに毎日出勤するサルの群れの愛称「ひかり」ちゃんです
平成14年に群れ上位の娘として生まれましたが、突然変異で毛並が金色で生まれたのです。
b0222234_10444491.jpg


実はこのメス猿のひかりちゃんは、群れの権力争いで父親が上位の座を奪われて親の七光り
だったにもかかわらず、群れの下位になってしまいました。

群れの中心いると直ぐに上位のオスからイジメを受けるので常に群れの外側で子供と過ごし
ています。
ひかりちゃんの子供は普通の毛並みの色なのですね!
b0222234_10501392.jpg


餌の時間になるとイジメられるのを覚悟で群れの中心に入り夢中で餌を食べます
ほかのニホンザルと比べても毛並の色が違うのがよくわかります。
b0222234_1132669.jpg

b0222234_1151316.jpg


餌を食べていても上位の猿達にイジメられるのが心配であたりを警戒しています。
b0222234_1173364.jpg


毛色が目立つのか、上位のオス猿に見つかりイジメられる始末・・・
b0222234_11122875.jpg


あえなく退参・・・
b0222234_1114233.jpg


これも下位の猿にとっては試練なのかもしれない
b0222234_11184465.jpg


この日は早い時間から群れになじめなく、ひかりちゃん1頭だけ群れを離れて山へ帰って
行ってしまいました。
b0222234_11215493.jpg

※親の七光りから一転、群れ下位のひかりちゃん、がんばれ!

そんなひかりちゃんが申年の今年NHKニュースのコーナーでとりあげられました。
You Tube→ここ

by tokoma-36 | 2016-05-01 11:40 | Japanese monkey | Comments(0)


<< 寛容性の高い日本猿      セカンドステージ開始(子猿シーズン) >>